ジミーは、中華圏を代表する絵本作家の一人。1998年、「森の中の秘密」と「ほほえむ魚」でデビュー。その後も「君のいる場所」、「君といたとき、いないとき」、「地下鉄」等、数多くの名作を生み出している。

ジミーは、20年以上にわたって60種類を超える出版物を創作し、その180冊以上の作品がさまざまな言語によって世界中で出版されている。台湾、香港、ベルギー、スペイン、スウェーデン、ポルトガルで主要な賞を受賞しており、その中には「ピーターパン・シルバースター賞」をはじめとしたヨーロッパ地域における賞が含まれる。2020年には《時光電影院(The Rainbow of time)》がボローニャ国際児童図書展ボローニャ・ラガッツィ賞「映画の本」部門優秀賞を受賞したほか、2021年には「アストリッド・リンドグレーン記念文学賞」などの世界的に最も注目されている児童文学賞等に8度ノミネートされている。

ジミーの作品は優しく生き生きとしたスタイルで、多様な題材を取り入れ、「絵」が文学的言語となる。作品には詩的なシーンや心温まる構図が溢れており、ジミーの世界観を表すと同時に、多くの人々の心を癒している。その情熱は冷めることなく、毎年新しい絵本を出版しているほか、近年では油絵や彫塑にも創作の幅を広げている。

より良いご利用体験を実現するため、画面を縦向きに回転してください。